不況時でも影響を受けにくい不動産業界

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

不動産

ビル

不況時でも影響を受けにくい不動産業界

不動産業界は、不況にも強いと言われています。
いくら不況になったからといって、そのことが即事業に影響することは稀だからです。
娯楽産業なら、お金を使わないでおこうと大勢の人が考えれば、一気に業績が悪化することもあります。
ただ、不動産は生きていく上では絶対に欠かすことのできないものなので、不況の影響も限定的です。
つまり、非常に安定して儲けが出せる業界だということです。
また、将来性も非常に高いです。
不動産は数十年単位で使っていくものなので、しばらく先まで仕事がなくなるということも収入がなくなるということも考えにくいです。
コンピューターに取って代わられるような種類の仕事ではない点が大きいでしょう。
ただ、徐々にではありますが日本は人口が減少傾向にあるので、状況が変わる可能性はあります。
数十年後はもしかすると、今ほどは稼げなくなっている可能性は捨て切れません。
ただ、それも五十年ほど先の話なので、今仕事を探している人にはあまり関係ないかもしれません。